新宿 心療内科 精神科 東新宿こころのクリニック|うつ病

ご予約

03-5155-5556

うつ病

うつ病とは

うつ病とは

ストレスの多い社会において、心と体のバランスを崩し、うつ病などの不調をきたすことは少なくありません。
気分がすぐれない状態が一週間以上続いたり、だんだん憂うつになったり、不安、イライラ、眠れない、食欲がない、頭が回らない、焦りが強い、などの症状が伴う場合は単なる気分の問題、いわゆる「気の持ちよう」ではなく、うつ病の可能性があります。
うつ病は決して皆同じものではなく、様々なタイプに分けられます。たとえばうつ病には、幼少期からの外傷体験など心の原因があって発症に至るものもあり、その場合、苦痛の元となっている心の原因を処理して健康的な心の状態に変化させなければ、完治には至りません。
うつ病の精神症状やうつ病の身体症状はご自分ではそれと気がつきにくいため、周囲の人が先に気付き、遅刻が多い、怠けている、仕事をしないなどと誤解される場合があります。 一方、体が疲れて動かない、疲れやすい、能率が下がった、体がついてこないなどのうつ病の症状で、ご自身が自覚する場合も多いようです。 こんなことで相談してよいのだろうかとおひとりで悩まず、早めに受診なさることをお勧めします。

うつ病の症状の代表的なもの

  • 集中力、注意力、決断、思考力の低下
  • 自己評価と自信の低下
  • 楽しみの消失
  • 将来に対する悲観的な見え方
  • 睡眠障害
  • 食欲低下
  • 性欲の減退  など

うつ病の治療

現在のうつ病治療は「休養、環境調整」、「薬物療法」、「精神療法」の3つが中心となります。
まず、治療を始める前に、十分に休養して疲れたこころとからだを十分に休めることが重要です。そのために職場や学校、家族の協力を得ること、つまり環境調整と休養が治療の基本としてとても大切です。
そして、薬物療法によってうつ症状の原因となっている脳内アミンのバランスの乱れを調整していきます。 精神療法の中心は認知療法で、これは、患者さまの情緒の障害と密接に関連している認知の歪みを修正して、患者さんが問題を解決できるように支援する治療法です。
当院では患者さまのお話をお伺いして、ひとり一人に最適な治療を行っていきます。

東新宿こころのクリニック

〒 160-0022
東京都新宿区新宿6丁目28-12 DS新宿ビル2F

TEL:03-5155-5556

休診日:日曜・祝日 :土曜 10:00~15:00
担当医表はこちら»
診療時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~19:00
  • 当院は原則予約制です。予約のない方はお待たせする場合がありますので、ご了承ください。
  • 自立支援制度・生活保護受診対応しております。
アクセスマップ

大きな地図で見る

最寄駅
都営大江戸線・副都心線「東新宿駅」A3出口より徒歩2分
丸の内線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E1出口より徒歩5分
JR「新宿駅」東口より徒歩10分
都営バス
「宿74・75」「早77」「池86」系統
「日清食品前」または「東新宿駅前」より徒歩1分