新宿 心療内科 精神科 東新宿こころのクリニック|強迫性障害

ご予約

03-5155-5556

強迫性障害

強迫性障害とは

強迫性障害とは

強迫性障害とは不快な考えが頭に何度も浮かぶため、その不安を振り払う目的から同じ行動を繰り返してしまう病気です。
手を何度も洗わずにはいられなかったり、戸締まりを何度も確認しなくては気がすまないなど、誰でも経験する行動なのですが、それが習慣的かつ非常にエスカレートして生活に支障をきたすほどの状態が強迫性障害です。
そして、本人が自分の過剰な行動について「こだわりすぎだ」と自覚しているにも関わらず、意思に逆らって不合理な考えがふくらみ、こだわらずにいられないことが特徴です。

強迫性障害の原因

強迫性障害は、脳内の特定部位の障害や、脳内の神経伝達物質であるセロトニンなどの機能異常によって起こるといわれています。
セロトニンは、脳内の情報を神経細胞から神経細胞へ伝達する役割を担っています。強迫性障害の場合、神経細胞から放出されるセロトニンの働きに何らかの問題が起こって機能異常が生じ、汚れの認識、安全の確認などといった情報の伝達が十分に行われなくなると考えられています。

強迫性障害の治療

強迫性障害の治療は「薬物療法」と「認知行動療法」の2つを中心に行われます。 治療を行う上で最も重要な事は、ひとつひとつの出来事に一喜一憂しすぎないことです。 症状には波があり、よくなったり悪くなったりをくり返していきます。
環境の変化や日常の出来事によっても症状は大きく変化するものですので、当院とともにゆっくりとあせらずに治療を行っていきましょう。

東新宿こころのクリニック

〒 160-0022
東京都新宿区新宿6丁目28-12 DS新宿ビル2F

TEL:03-5155-5556

休診日:日曜・祝日 :土曜 10:00~15:00
担当医表はこちら»
診療時間 日・祝
10:00~13:00
15:00~19:00
  • 当院は原則予約制です。予約のない方はお待たせする場合がありますので、ご了承ください。
  • 自立支援制度・生活保護受診対応しております。
アクセスマップ

大きな地図で見る

最寄駅
都営大江戸線・副都心線「東新宿駅」A3出口より徒歩2分
丸の内線・都営新宿線「新宿三丁目駅」E1出口より徒歩5分
JR「新宿駅」東口より徒歩10分
都営バス
「宿74・75」「早77」「池86」系統
「日清食品前」または「東新宿駅前」より徒歩1分